オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

企業の販売活動を円滑にする

資料に目を通す

ビジネスにおいて、自社の販売の一連の流れを把握し、管理することは、重要な課題です。
販売の一連の流れを販売管理といい、受注から出荷・納品(受発注管理)、代金の回収(購買管理)までの業務が含まれます。
具体的には、何(商品)を、どこ(得意先)に、どのくらい(数量)、いつ(納期)、いくらで(価格)販売したのか、加えて、
売った商品の代金の入金時期と、仕入れたもしくは購入した商品の代金をいつ支払うかとうい収支についての情報を管理します。

販売管理は、どの企業でも必要な業務です。なぜなら、販売管理を正確に行い、売上や収益を把握することで、精度の高い戦略を策定でき、結果、売上および収益が上がるからです。
しかし、このことを理解していながらも、実行できないという企業も多数あります。販売管理の工程が整理されていないため、目の前の仕事に追われてしまうからです。

そこで、効率的な企業活動を可能にする、販売管理システムの導入が求められます。
販売管理システムの機能は、「小売業および卸売業」と「製造業」では、多少異なります。
「小売業および卸売業」は、大きく分けて「販売管理」、「仕入れ管理」、「在庫管理」の3つの管理が必要です。
「製造業」は、上記3つに「生産管理」が追加されます。「販売管理」、「仕入れ管理」、「在庫管理」、「生産管理」の4つが、必要な管理です。

それでは、先述した「販売管理」以外の3つの管理業務について説明します。
「仕入れ管理」とは、商品を販売するための仕込み業務です。「製造業」では、まず部品や原材料を仕入れます。そして、それらをもとに、販売するための商品を製造します。
「小売業」は、製造済みの商品を仕入れて、販売します。

製造業と小売業、どちらの仕入れ担当者にとっても大切なのは、必要な商品やサービスを可能なかぎり安く、過不足なく調達(仕入れ)することです。これができると、会社の販売活動がスムーズに行えます。
「仕入管理」の業務フローは次のとおりです。
1)見積もり依頼 2)購買契約の締結 3)発注業務 4)入庫・検収業務 5)支払い締め業務 6)代金業務

在庫管理は、クライアントからの依頼に対して、納期どおりに出荷するために必要な業務です。在庫が切れて、商品を出荷または製造できないと、ビジネスは成り立ちません。
適切なタイミングで材料や商品の購入依頼をおこない、不要な在庫を持たないように管理するのが「在庫管理」です。業務は次のとおりです。
1)在庫受払業務 2)実地棚卸業務 3)購買依頼業務

そして、「生産管理」は製造業において最も重要な機能です。生産管理は、過去の注文や在庫の実際のデータから先々の計画を作って製造を管理します。
この計画が、製品および原材料や部品の在庫、お客様への納期などを統括します。ゆえに、生産管理がきちんと出来ている会社は利益と損失を確実に把握できます。

以上のことから、受発注管理と購買管理に生産管理を加え、企業の販売活動を円滑にするのが、販売管理システムです。

    会議を始める

    販売活動の要

    仕入れ業務...

    Readmore
    書類にサインする

    仕入れ管理とは

    販売管理に...

    Readmore
    書類を届ける

    ビジネスに必要なシステム

    在庫管理と...

    Readmore